感情は押し殺さないでも大丈夫

医者と夫婦

不妊治療の方法はいくつかあり、不妊の原因によって内容も変わります。世間一般に、女性の晩婚化の影響で妊娠適齢期よりも年齢が高くなり、不妊の検査を受けてから実際に治療に取りかかる年齢も自ずと引き上がります。初めての試みであれば、自分の年齢での不妊治療の成功率もぼんやりと見えてくるもので、高齢であるという理由だけで諦めることもあるかもしれません。しかし、統計学的となるデータです。大阪にも豊富な治療経験を持ち、最新の技術を巧みに使う医療機関や医師たちがいることを知っておきましょう。もちろん、タイミング法や排卵誘発法、人工授精などの一般不妊治療で妊娠できる確率は決して0ではありませんし、パーセンテージで表せるものでもありません。患者として心得ておきたいマナーやルールがあるとすれば、諦めないこと、正しい知識を自らも持つことです。一概にはいえないものの、大阪での治療法や種類も違えば、治療期間も違います。ひとりとして同じ条件ではないので、正しい手順を踏めば、というのもある意味間違いかもしれません。時折、笑顔も覗かせることがあれば、表情が暗くなることもありますが、決して隠すことはありません。感情を時に医師に向けることがあるかもしれませんが、つらい衝動の現れであることは医師も理解をしています。押し殺さない、患者となる自分やパートナー、家族が何を重視しているのか、願いを優先させましょう。

気持ちをしっかり整理する

婦人体温計

不妊治療はその原因に応じた治療が必要になります。大阪にも治療を行う医療機関がありますが、気をつけるべきは、男性不妊と女性不妊を同時に診療してくれるか否かです。まずは、こうした内容を知るために不妊治療情報センターなどで情報収集しましょう。また、健康保険の適用を受けられないことも知っておきましょう。1回の治療費は高額で、子どもを望むご夫婦の経済的負担が懸念されます。特定不妊治療費助成事業というのをご存じでしょうか。大阪でも、体外受精又は顕微授精を受けたご夫婦に対して治療費の助成を行っていますから、申請しましょう。もちろん、大阪に限ってではありませんが、治療の種類や助成期間、実施する医療機関、さらに助成金額には違いも見受けられます。また、思ったよりも治療は簡単ではないものであり、少しでも望みがあるのなら、望める年齢であれば、早め早めに検査を受け、治療方針を固めましょう。もちろん、現在の家庭の平安(平穏)を保つことができるように、家族でしっかり話し合いましょう。お世話になる人への感謝、今日のことを手放し、明日への希望を願うことも必要です。

広告募集中